読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般人のCM天気図

広告を見れば世の中がだいたーいわかる。

気分は娘の彼氏 父親を刺激するユニバのクリスマスCM

広告×世の中

テレビは「なんでも鑑定団」と「チューボですよ」のためにあると言っても過言ではない、普段CMなど見向きもしない父が、あるCMを観て「巧いな〜」と一言。

 

それがこのCM


【ユニバーサル・ワンダー・クリスマス】

 

ユニバーサルスタジオジャパンのクリスマスキャンペーンのCMである。

 

映像としての演出はベタすぎる。

だが、それ以上にコピーが巧い。

「一緒に来てくれるのは これで最後かもしれないな」

そんなこと考えながら子供を見つめたら”一生のお願い商法”と同じく、財布の紐も弛まざるをえない。

 

このCMのターゲットはおそらく30代から40代の父親である。

そしてこれを作ったのも、おそらくターゲットに近い立場の方ではないだろうか。

 

自分の周囲を見ても、父から見る娘というのは本当に不思議な存在らしい。

「大きくなったらパパと結婚したい」と言う娘像を本気で描いているのだなぁと思わされる場面によく遭遇する。

父親にとって娘とは、いつか別れが来る宿命を負わされた、儚い恋人なのだ。

(と、いつまでも父と別れられずに隣でこんな内容の文を書いている自分に赤面)

 

このCMにも、儚い恋人感はギュウギュウ詰めである。

・一度離れてしまう手と手

・もう二人以外の世界は見えないというほどの、娘の笑顔とスローモーション、そして背景のぼかし

・黒髪ロングヘアで白いふわふわコートにスカートというベタな女の子のスタイリング

・上目遣いの娘と見守る父

・「一緒に来てくれるのは これで最後かもしれないな」であおる不安定さ

極めつけは

・「今しか見られない輝きがある 今しか渡せない贈り物がある」

 

ここで私は思った。

これ、”一昔前の”エンゲージリングのCMやないか

 

男にとって結婚前の彼女と思春期前の娘は似ている。

・これからも関係が続いていくと信じて疑わない安心感と幸福感

・自分が彼女を守っていくんだという責任感

・彼女のそばで、彼女の喜ぶ顔を見続けていたい、いや、そうするんだという決心

その思いを爆発させるのが、結婚前の彼女と思春期前の娘に対してだ。

 

子供の物心がつき、お互いを名前で呼ばなくなった夫婦。二人で外出することもなくなり、一気に生活感が出てきて早数年。

そんな父親に、その頃の絶頂期の高揚感を取りもどすのが、娘との関係性というわけだ。

 

その、結婚前の彼女を思い出させる、思春期前の娘と過ごせる一定の期間を、このCMは「最後」「今しか」と謳っている。

 

ただ、「今しか」という一回生を大切にできずに、スマホで動画を撮りまくり複製するような我々にとって、その「今しか」は、あと何回続くのであろうか。